エコ農業技術 | 土づくりに関する技術

早わかりエコ農業技術

エコファーマーが取り組んでいる技術をわかりやすく紹介します。

土づくりに関する技術

 たい肥等の有機質資材の施用に関する技術で、土壌の性質を改善する効果があります。有機質資材の範囲としては、たい肥のほか、稲わら、作物残さ等が含まれ、樹皮及びおが屑については、炭素窒素比が大きく、作物の生育に障害を与えるおそれがあるので含まれません。また、施用する種類や量については、土壌診断の結果に基づき適正に行うこととし、過剰な施用や未熟な堆肥の施用により、作物の生育を悪化させたり、地下水環境に負荷を与えることのないように留意する必要があります。

たい肥等有機質資材施用技術

 窒素成分と炭素成分のバランスのとれたたい肥等の有機質資材(炭素窒素比(C/N比)がおおむね10から150の範囲となるもの)を土壌診断結果に基づき施用し、土壌の性質を改善するとともに、化学肥料に代わる栄養分を供給します。

tuti1.jpg   tuti2.jpg
たい肥づくりの様子
(微生物の活動により家畜ふん尿などの有機物が分解されます)

tuti3.jpg   tuti4.jpg
たい肥散布の様子(雪上に散布すれば融雪促進にも効果があります)

tuti5.jpg   tuti6.jpg   tuti7.jpg
土壌診断に基づき、品質の良いたい肥を作物及び土壌条件に合わせて適量施用します

image1.gif

緑肥作物利用技術

 レンゲ等の緑肥作物を収穫後の農地にすき込むことにより、土壌の性質を改善し化学肥料に代わる栄養分を供給する技術です。緑肥作物の種類は限定しないものの、有機物や養分に富み地域に適合したものを選択します。また、本技術の導入にあわせて合理的な輪作体系の確立を図ることが望ましい。なお、選択した緑肥作物の種類によっては、対抗作物としての効果を有するものがあり、この場合は「対抗植物利用技術」を同時に導入しているものと見なします。

tuti8.jpg   tuti9.jpg
土壌診断に基づき、地域に適合したものを選択します

image2.gif

Copyright© 山形県農林水産部農業技術環境課 All rights reserved.
〒990-8570 山形市松波二丁目8-1  TEL:023-630-2481 FAX:023-630-2456